しゃおち・ハルトマンのプロフィールはこちら

長時間労働は一時のメリットの為に多くのことを犠牲にしている!

マインドセット

しゃおち・ハルトマンです。

 

先日このようなツイートをしました。

 

 

 

これについて掘り下げていきたいと思います。

 

長時間労働をすると起こる事

まず長時間労働をすることで一時的な金銭的余裕が生まれます。

 

急ぎでお金が必要な場合で単発でやる分には問題はないかと思います。

 

 

しかしこれを長期的に続ける場合

特に日中に働いてさらに夜勤もやるという働き方はかなり無茶をしている働き方です。

無茶をすると必ずどこかに綻びが生まれます。

上のツイートでも書きましたが

 

・集中力低下

・思考力低下

・身体が恒常的にダルい

・イライラしやすくなる

・時間の喪失

 

これらのことが起こります。

 

長時間労働のデメリット

デメリットについて、それぞれ掘り下げていきます。

 

集中力の低下

睡眠不足や疲労により集中力が低下します。

眠気との戦いになり、余計な力を使うことになります。

集中力が低下すると作業効率が落ち、本来、10分で終わるようなことが15~20分かかったりするようになってしまいます。

一時のメリットの為に長期的な損失を生むことになります。

 

思考力の低下

集中力低下と同様に思考力も落ちます。

頭の回転が遅くなってしまうのです。

これは創作や企画などクリエイティブな活動をしている方には致命的なことだと思います。

なかなかいい発想が生まれなくなってしまいます。

頭を回転させるエネルギーが残っていない状態になってします。

 

常に身体が怠くなる

恒常的に身体の怠さを感じるようになります。

身体が常に重く、動かしづらくなります。

疲労は蓄積されていくのでどんどん動きが鈍っていきます。

身体が動かない状態だと行動することもできません。

行動力の低下によって様々な機会損失も起こります。

睡眠不足から寝坊してしまう可能性もあります。

 

イライラしやすくなる

ストレス耐性の低下が起こります。

些細なことでイライラするようになってしまいます。

イライラすることで精神的に負荷がかかるので心的エネルギーの消耗が激しくなります。

精神的余裕がなくなっていってしまいます。

 

時間の損失

時間をお金に換えているのでその分の時間が失われます。

時間を失うことによって様々な機会損失が起こり、得られていたかもしれないチャンスを逃すことになります。

 

対価が割にあわない

長時間労働で得られるものは

 

・お金

・短時間睡眠でも起きられる睡眠時間のコントロール

 

これくらいのものだと思います。

 

 

対して失うものは

 

・体力

・精神力

・時間

・集中力

・思考力

・健康

・チャンス

・行動力

 

ect

 

 

得られるものに対して失うものが多すぎます。

 

何より大切なのは時間

何より大切なのは時間です。

 

お金は増やすことができますが、

 

時間は増やすことはできません!

 

時間は全ての人に平等に与えられています。

みな平等に一日24時間ですよね?

その時間を増やすことはできません。

非常に価値の高いものになります。

 

 

増やすことのできるのもと増やすことができず減る一方なもの

 

どちらのほうがより大事にすべきか、一目瞭然ですよね。

 

 

長時間労働は極端に言えば

 

ダイヤモンドを段ボールに換えているようなものです。

 

こんな損なことはありません。

 

こう考えると誰もが絶対にしないことなのに、こと労働となると平気で時間をお金に換えてしまうんですよね。

 

お金が必要なら労働以外の別の手段を考える

お金が必要だから働く。

間違った考えではありません。

 

が、無茶をして働くというのは誤った考えだと思います。

 

どうしてもお金が必要なら、別の手段を考える。

時間をお金に換える以外の方法を考えて実行に移したほうが還元率は高いと思います。

 

労働以外の方法でお金が生まれるシステムを構築する。

時間はかかるかもしれませんが、長期的に考えて得をするのは間違いなくこちらのほうです。

 

どうせ時間を使うならより有意義な時間の使い方をしましょう。

 

長時間労働は損だらけ

長時間労働は即効性という意味ではいいかもしれません。

が、長期的には損しかしません。

 

時間の価値をしっかり把握して、時間を大切に使いましょう。

 

どうしても長時間労働をしなければいけない状況であるならば、その状況を抜け出す為に時間を使いましょう。

かなりつらい状況になるとは思いますが、一生長時間労働をしなければならないよりはマシだと思います。

システム構築が上手くいけば、長時間労働から解放されるかもしれないのであれば、やるに越したことはないと思います。

 

 

 

無茶をせず、損をしない生き方をしていきましょう!

コメント