しゃおち・ハルトマンのプロフィールはこちら

声優業界は熾烈な椅子取りゲームの世界【声優志望】

声優・役者

しゃおち・ハルトマンです。

 

今回は声優になるために知っておいたほうがいいこと、やったほうがいいことを書いていきます。

タイトル通り、声優業界は熾烈な椅子取りゲームのようなものです。

その椅子をどのように取っていくか、最短で取れる道を見つける方法があります。

 

これから書いていきますがその前にこちらの記事に目を通しておいておいてください

【養成所生向け】声優になる為に今すぐやったほうがいいこと【声優志望者】
どうもしゃおち・ハルトマンです。 声優志望者に向けて、新たにスタートするであろう養成機関のレッスンが始まる前にやったほうがいいことを記していこうと思います。 するしないでかなり変わってくるので、読んだらすぐに取り...

 

それではいきますよ!

 

声優界で売れるということ

声優に限った話ではないのですが、芸能界で売れるというのはあるひとつのポジションを獲得したということになります。

そしてポジションの数というものは限られていて、需要と供給のバランスが非常に悪い世界です。

一定の数の仕事に対して、大勢の声優たちがひしめき合っているのです。

椅子取りゲームのようなものですね。

なので、売れる為には最短距離でいかないと、気が付いたら年を取っていて売れ残っていた、なんて状況になりかねません。

売れている状態というのは、仕事がコンスタントに続いている状態のことですね。

その為には声優界でポジションを確立する、椅子を取ることが必要です。

 

狙うポジションを定める

では、椅子を取るためにはどうしたらいいのか。

闇雲に椅子を狙っていても取れるものではありません。

 

声優界のポジションはキャラクターのポジションと言い換えることもできます。

「熱血少年」のキャラクターを演じる声優と言えば誰を思い浮かべますか?

10人程あげてみてください。

そのあがった10人を自分なりに順位付けしてみてください。

その際に好き嫌い、仕事量、など様々な観点からあなたなりの観点でやってみてください。

次に「クールな少年」同じようにやってみてください。

同じように思い浮かぶ様々なキャラクターの順位付けをしてみてください。

 

 

できましたか?

その順位付けを他の人にもやってもらったとしましょう。

まったく同じということはないと思いますが、半分くらいは同じだと思います。

この順位というのが、そのポジションのランキングなのです。

 

わかりやすく10人としましたがこのランキングは延々と続いていき一本の縦のラインとなっています。

 

この縦ラインは監督、音響監督、プロデューサー、制作、出版社・・・全てのスタッフがそれぞれのものを持っています。

この縦のラインの末端でいいので名前を載せることができればポジション獲りの半分は成功です。

 

ラインに載れば後は順位を上げるだけです。

逆にラインに名前が載らなければ、いつまでたっても無名なままです。

 

その為に狙うポジションを定めなければなりません。

 

狙うポジションの「種類」は一つに絞る

最初から色々なポジションを狙うのは悪手です。

どれも中途半端になってしまいます。

そもそも、すでにポジションは埋まっていてそれを奪っていかなければならないのです。

ポジションを獲らなければいくら芝居が上手くても声はかかりません。

まずは一つのポジションの末端でいいのでラインに載ることを目指しましょう。

ポジションを勝ち取れば業界で名前が売れているということになりますから、あとは周りが勝手に動いてくれて他のキャラクターをやらせてみようという風になっていきます。

 

なので、無名のうちは具体的なキャラに絞ってポジションを獲るべきです!

 

倒すべき声優を意識しろ

ポジションを考えていく中で、狙っているキャラクターをよくやっているなって声優さんが何人かいると思います。

その人たちのことを調べてみてください。

出ている作品、どこの事務所所属なのか、その人がどんな経緯でそのポジションを獲得したのか、デビュー作はなんなのか、専門学校出身なのか、声質はどんなものか・・・など。

 

調べていくうちにピンとくればその人はあなたにとって倒すべき目標ですし、獲得すべきポジションだということです。

出自が似ていれば似ているほど、その人はあなたにとっての倒すべき人だと言うことになります。

 

もしあなたが専門学校出身で倒すべき人だと思った方がアイドル出身なのだとしたら、考え直さなければなりません。

出自が違うということはあなたの倒すべき人はまだほかにもいるということになります。

 

声が似ている必要はない

勘違いしやすいところなのですが、声質が似ている必要はありません。

例えば熱血少年のポジションで言えば、今のトップと10年前のトップの声は同じではないはずです。

声が同じなのではなく、狙うポジションが同じなのです。

その時々の流行りで声質などは変化してしていきますが、ポジション自体は変化しません。

 

最短の道を駆け抜けろ!

売れるためには最短の道をいくのが効率的です。

 

売れるための最短の道は

 

二、三年後の自分がどのポジションのラインに入りたいのかを考える

 

ことです。

 

今すぐ実行してください。

試行錯誤を重ねてください。

必ず見つかります。

そしてこの倒すべき相手が見つかるとその後のことがスムーズになります。

 

それでは、よい声優ライフを!

 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク
声優・役者
xiaochi.hartmannをフォローする
スポンサーリンク
しゃおハルブログ

コメント