しゃおち・ハルトマンのプロフィールはこちら

【サッカー】リヴァプール VS アーセナル【プレミアリーグ】

サッカー

 

しゃおち・ハルトマンです。

 

プレミアリーグ第3節

 

リヴァプール VS アーセナル

 

 

リヴァプールにとってプレミアリーグ19-20シーズン最初のビッグマッチです

リヴァプールはアリソン不在や過密日程がどこまで影響するのか

アーセナルはダビド・ルイスやペペ、セバージョスら大型補強を施したチームがどこまで仕上がっているのか

注目ですね

 

 

DAZNの登録はこちら

DAZNの詳細はこちらの記事を参照

【プレミアリーグ】サッカー観戦するならDAZNで!【チャンピオンズリーグ】
しゃおち・ハルトマンです。 僕はサッカーが好きでプレーするのも観戦するのも好きです。 イングランドのプレミアリーグに所属するチーム「リヴァプール」が好きなので毎週のようにサッカーを観戦しています。...

 

 

スターティングメンバー

リバプールスタメン

フォーメーション:4-3-3

 

GK:13 アドリアン

CB:32 マティプ

CB:4 ファン・ダイク

SB:66 アレクサンダー・アーノルド

SB:26 ロバートソン

MF:14 ヘンダーソン(C)

MF:3 ファビーニョ

MF:5 ワイナルダム

FW:11 サラー

FW:10 マネ

FW:9 フィルミーノ

 

サブ

GK:62 ケレハー

DF:12 ジョー・ゴメス

MF:7 ミルナー

MF:20 ララーナ

MF:23 シャキリ

MF:21 オックスレイド・チェンバレン

FW:27 オリギ

 

監督:ユルゲン・クロップ

 

交代

69分:ワイナルダム → ミルナー

77分:マネ → チェンバレン

85分:フィルミーノ → ララーナ

 

 

アーセナルスタメン

フォーメーション:4-3-1-2

 

GK:1 レノ

CB:23 ダビド・ルイス

CB:5 ソクラティス

SB:15 メイトランド=ナイルズ

SB:18 モンレアル

MF:34 ジャカ(C)

MF:29 グエンドゥージ

MF:28 ウィロック

MF:8 セバージョス

FW:19 二コラ・ペペ

FW:14 オーバメヤン

 

サブ

GK:26 マルティネス

DF:21 チャンバース

DF:31 コラシナツ

MF:7 ムヒタリヤン

MF:11 トレイラ

FW:24 ネルソン

FW:9 ラカゼット

 

監督:ウナイ・エメリ

 

交代

61分:セバージョス → トレイラ

80分:ウィロック → ラカゼット

85分:グエンドゥ―ジ → ムヒタリヤン

 

 

試合内容

前半

リヴァプールがボールを保持、アーセナルが2トップのスピードでカウンター狙いという展開

 

アーセナルはカウンターをシュートでしっかり終わらせます。

 

前半25分あたりまではリヴァプールはボールを保持し押し込むも後ろにしっかり構えて守るアーセナルにやや苦労している印象

 

アーセナルにビッグチャンス

カウンターからウィロックがドリブルでアーノルドを交わし相手陣内に切り込みオーバメヤンへ

オーバメヤンがペペに横パス

ペペが左足で巻いたシュートも惜しくも枠を外れる

 

アーセナルの狙いがハマった攻撃でした

アドリアンも反応できていなかったので枠外れていて助かりました

 

またもアーセナルがカウンターからチャンスを迎えます

CKのクリアボールを拾おうとしたヘンダーソンからペペがボールを奪取

そのままドリブルでロバートソンを交わしペナルティーエリア前からシュートもアドリアンがブロック

こぼれ球をオーバメヤンが詰めるもヘンダーソンがクリア

 

リヴァプールにとって非常に危ない場面でした

ヘンダーソンの不用意なボールロスト、ロバートソンの飛び込むディフェンスがピンチを招いてしまいました。

アーセナルはブロック固めてカウンターという狙いがしっかり機能しています

 

リヴァプールはアーセナルを押し込み再三クロスやシュートを放つものの中々決定的なチャンスを掴めません

 

しかし前半41分

リヴァプールがアーノルドの右からのCKにマティプが競り勝ちヘッドで叩き込みます

攻めあぐねていたリヴァプールがセットプレーから先制点を奪います

 

その後もリヴァプールが押し込みシュートチャンスを作るもアーセナルが身体を張って守り前半終了

 

 

アーセナルは自陣にしっかりブロックを敷いて2トップのスピードでカウンター狙いという戦い方がしっかりとハマっていました

リヴァプールはアーセナルの戦い方に苦戦し攻めあぐねていましたがセットプレーで得点を奪いました

 

 

前半のスタッツは

リヴァプール - アーセナル

支配率:63 -37

パス成功率:87 – 81

シュート:15 – 5

枠内:2 – 2

コーナーキック:6 – 0

デュエル勝率:55 – 45

ファウル:1 – 3

タッチ:412 – 300

敵陣パス成功率:80 – 73

敵陣PA内タッチ:24 – 3

 

 

後半

後半開始早々リヴァプールがチャンスを迎えます

 

47分

ペナルティーエリアでアーノルドの楔をフィルミーノがワンタッチで前に流しサラーが抜け出す

その際にダビド・ルイスがサラーのユニフォームを引っ張ってしまいPKに

そのPKをサラーがしっかり決めリヴァプールが追加点

 

リヴァプールが貴重な追加点を奪います

ダビド・ルイスにはイエローカードが出ます

 

さらにリヴァプールが追加点を奪います

58分

ファビーニョからの縦パスをサラーが受け2タッチ目で飛び込んできたダビド・ルイスを交わしスピードアップ

そのままペナルティーエリアに侵入し左足でシュートを流し込みリヴァプールが追加点

 

ダビド・ルイスの軽い対応もありましたがサラーのスピードとシュート技術が現れたシーンでした

 

61分

アーセナルが動きセバージョスに代えてトレイラを投入

 

69分

リヴァプールがワイナルダムに代えてミルナーを投入

 

77分

リヴァプールがマネに代えてオックスレイド・チェンバレンを投入

 

80分

アーセナルがウィロックに代えてラカゼットを投入

 

アーセナルが一矢報います

84分

ジャカの縦パスをオーバメヤンがペナルティーエリア内で受け上がってきたトレイラに落とす

トレイラ最初のシュートはミートし損なうがそれがいいフェイントになり再びシュート

決まりアーセナルが1点返します

 

85分

アーセナルがグエンドゥ―ジに代えてムヒタリヤン

リヴァプールががフィルミーノに代えてララーナ

両チーム動きます

アーセナルはフォーメーションを4-3-3に変更

 

92分

ハンドをしたファビーニョにイエローカード

 

アディショナルタイム4分経過し試合終了

 

試合結果

スタッツ

リヴァプール 3 - 1 アーセナル

41分:マティプ(アーノルド)

47分:サラー

58分:サラー

84分:トレイラ(オーバメヤン)

 

 

支配率:53 – 47

シュート:25 – 9

枠内シュート:5 – 3

コーナーキック:6 – 4

パス成功率:86 – 86

デュエル勝率:47 – 53

ファウル:8 – 5

タッチ:738 – 717

敵陣パス成功率:80 – 75

敵陣PA内タッチ:49 – 10

 

 

アーセナルはこの試合に向けて戦い方をしっかり準備してきていて、いつものアーセナルの試合運びではなくブロックを固めてカウンターという戦い方でした

前半はそれがしっかりハマっておりリヴァプールも攻めあぐねていましたが、セットプレーで先制点を奪い、ダビド・ルイスのミスからサラーが2点奪いました

もしアーセナルがいつもの戦い方もしていたらどうなっていたか気になりますね

 

リヴァプールは大きな勝利を手に入れました!

今シーズンも強さは健在ですね!

自陣に引き込まれてもセットプレーでこじ開けることができるのは本当に大きいと思います

 

今シーズンこそ、悲願の優勝を成し遂げましょう!!

 

 

 

コメント